土地と地盤研究会

急傾斜崩壊危険区域とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
地盤についての基礎知識

今回は「急傾斜地崩壊危険区域」について話をさせていただきます。

急傾斜地崩壊区域

「急傾斜地崩壊危険区域」とは、崩壊するおそれのある急傾斜地で、その崩壊により
相当数の居住者に危害が生ずるおそれのあるものや、これに隣接する土地のうち、
急傾斜地の崩壊が誘発されるおそれがないようにするために、都道府県が指定して
いる区域を言います。

急傾斜地崩壊危険区域に指定される区域の条件

急傾斜地危険区域に指定される区域の条件

急傾斜地崩壊危険区域に指定される区域の条件とは
1. 斜面の角度が30度以上であること
2. がけの高さが5
m以上であること
3. がけ崩れの被害を受けるおそれのある人家が5戸以上であること

とされています。

この急傾斜地崩壊危険区域内では傾斜地の崩壊を助長・誘発するような行為を
行うことは禁止されています。

次のような行為を行う場合は、都道府県に申請して許可を得てから行う必要があります。

都道府県の許可が必要な行為

1.水の放流や停滞行為など水の浸透を助長する行為
2.ため池や用水路などの施設、または工作物の設置、または改造
3.のり切、切土、掘さく、または盛土
4.立木竹の伐採などの行為

指定区域の確認方法

急傾斜地崩壊危険区域の看板イメージ

指定区域の確認方法ですが、現地に標識看板が設置されていますので、そこで詳しい
区域を確認することができます。また、所管の土木事務所や治水事務所や都道府県の
ホームページに情報が公開されています。

急傾斜地崩壊危険区域にある土地は価格が安く、また眺望が良い場所もあるので
不動産業者がおススメ物件として販売しているケースがあります。
このような土地を購入する場合には、メリットだけでなくデメリットをしっかりと
把握して検討することをお勧めします。

区域内は都道府県が崩壊防止工事を行う場合が多いため、必ずしも危険という事は
ありませんが、だからといって安全な区域では無いことに変わりはありません。
また、土地によって建築する場合の条件などが決められていることがありますので
購入する前に不動産業者や建築業者からの説明をしっかりと確認しておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

地盤改良、液状化対策ならHySPEED工法

「日本の地盤を強くする」地盤改良・液状化対策なら
ハイスピードコーポレーションへお任せください!


「HySPEED工法」は、2007年4月に工法普及を開始して以来、約11年で施工ネットワークが全国157社(2018年3月現在)となり、2018年3月に全国施工累計が5万5千棟を達成いたしました。

地盤調査、地盤改良などお気軽にご相談ください!