土地と地盤研究会

農地に家を建てるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
地盤についての基礎知識

今回は、「農地に家を建てるには」というテーマでお話します。

そもそも農地とは?

農地とは地目が「田」か「畑」の土地のことです。田と畑の共通点は
「耕作すること」ですが、相違点は、田が「用水を利用する」のに
対し、畑は「用水を利用しない」という点です。

農地の場合、「農地法」の制限を受けるため勝手に家は建てられません。

農地法とは

農地法とは

耕作者の地位の安定と、生産力の増進を図ることを目的として、農地
などの権利移動の制限、農地転用の統制などの仕組みを定めた法律です。

農地転用

農地には勝手に家を建てられないため、地目を宅地にしなければなり
せんが、これを「農地転用」といいます。農地転用には原則として
都道府県知事などの許可が必要です。ただし、農地であっても、その
区域によって家を建てられる場合もあれば、どんな手続きを踏んでも
家を建てられない場合もあります。

市街化区域、市街化調整区域、農地用区域

農地は、次の3つの区域に分けられます。
「市街化区域」と「市街化調整区域」それに「農用地区域」です。

市街化区域と市街化調整区域

市街化区域は「市街化を計画的に図るべき区域」なので、農地でも
家を建てられます。しかし、市街化調整区域は、「市街化を抑制
すべき区域」なので知事などの許可が必要です。

農用地区域

農用地区域は、「今後長期にわたり農業上の利用を確保すべき区域」
なので原則として家を建てることはできません。ただし、「除外申請」
を行なえば家を建てられる場合があります。これは都道府県や地域ごと
に条件が異なるため、自治体に確認する必要があります。

農地の地盤

農地に家を建てる場合、問題点はほかにもあります。
地盤が弱い可能性があることです。地盤に水分が多く含まれていると、
地盤沈下や液状化現象の発生するリスクが高いので、地盤調査を必ず
実施し、それに基づき適切な地盤改良を行ないます。

たとえば木造の家を建てる場合、地盤が軟弱と判定されると、住宅の
荷重に地盤が耐えられるよう地盤改良を行ないます。

地盤改良には大きく分けて4つの工法があります。
①表層改良工法 ②柱状改良工法 ③鋼管杭工法 ④砕石パイル工法
以上の4つです。地盤に合った適切な工法を選択することが重要です。

このように、農地に家を建てるには、宅地に建てるのとは違い、農地転用
手続きや地盤改良などに時間がかかるため、それを踏まえてスケジュール
計画する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

地盤改良、液状化対策ならHySPEED工法

「日本の地盤を強くする」地盤改良・液状化対策なら
ハイスピードコーポレーションへお任せください!


「HySPEED工法」は、2007年4月に工法普及を開始して以来、約11年で施工ネットワークが全国157社(2018年3月現在)となり、2018年3月に全国施工累計が5万5千棟を達成いたしました。

地盤調査、地盤改良などお気軽にご相談ください!