土地と地盤研究会

切土と盛土の違いと特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
地盤についての基礎知識

今回は「切土と盛土の違いと特徴」について話をさせていただきます。

造成地と造成工事について

日本の国土は山間部が多く、山地と丘陵地が占める割合は国土全体の
7割と言われています。山間部は傾斜地が多いため、そのままだと住宅地
として利用することができません。
そこで、傾斜地を階段のように水平な敷地にすることで宅地として利用
できるように加工しています。このようにしてできた土地を「造成地」と言います。

傾斜地を宅地にするための造成工事には主に2つの方法があります。
1つは、斜面の土を切り出す「切土」、もう1つの方法は斜面に土を盛る「盛土」です。
それぞれの違いと特徴についてご説明します。

切土について

切土の特徴

切土(きりど)とは、高い地盤や斜面を切り取って低くし、平坦な地表を作る
あるいは周囲より低くする工事です。切土の特徴ですが、山地や丘陵地は、
もともとの地盤がよいので、そこを切土した部分は非常によい地盤になります。
したがって、災害などの被害を受けにくい土地と判断することができます。

盛土について

盛土の特徴

盛土(もりど)とは、低い地盤や斜面に土砂を盛り上げて高くし、平坦な地表
を作る、または周囲より高くする工事です。盛土は傾斜地だけではなく、水田・
湿地帯の埋立地や谷埋め地などを宅地造成する場合にも行われる方法です。
盛土の特徴ですが、盛土部分は災害に対して非常に弱い場所になります。
東日本大震災などの地震災害でも沈下、崩壊が多数発生しました。
また、豪雨の時にも突如として沈下、崩壊が発生することがあります。

注意したいのは「切土」と「盛土」の境界付近

切土と盛土の境界付近が危ない

実は、災害による地盤事故が最も発生しやすい造成地は、切土と盛土の
境界付近です。
その理由は盛土部分が変形しても切土部分は変形しない
ため、地盤に段差ができてしまい建物が傾く被害を発生させてしまうからです。
地盤事故を発生させる可能性が高い造成地では適切な地盤補強や地盤改良
を行ない対策を施す事で地盤事故を予防することができます。

盛土や切土によって地盤面に高低差が生じた造成地、あるいは過去の埋め立て
などが考えられる造成地の住宅や土地の購入を検討する際には、売主または
仲介業者に対して造成工事に関する図面の提示や説明を受けることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

地盤改良、液状化対策ならHySPEED工法

「日本の地盤を強くする」地盤改良・液状化対策なら
ハイスピードコーポレーションへお任せください!


「HySPEED工法」は、2007年4月に工法普及を開始して以来、約11年で施工ネットワークが全国157社(2018年3月現在)となり、2018年3月に全国施工累計が5万5千棟を達成いたしました。

地盤調査、地盤改良などお気軽にご相談ください!